みるっこ®プログラム

アート作品を見て、周りの人とお話して、自分の心と向き合って、お絵描きも! 美術に親しむ出張型のプログラムです。一人一人の「思い」を受けとめることを大切にしながら、作品解説の方法、インプットとアウトプットのバランスを、学年ごとに構成しています。

「1時間版」と、朝の活動にちょうど良い15分単位の「みるっこミニ」があります。

スタッフによる実施のほか、保護者や地域ボランティアさんの活動、学校や園の先生方の授業へのご活用にも対応しています。

 

 平成28年度・29年度:茅ヶ崎市の協働推進事業、平成30年度令和元年度:茅ヶ崎市委託事業。申し込み園多数の人気事業で、参加園から大変高い評価を得ました(4ヵ年で 50園 63クラス 園児1,277人参加)。

 

*委託は終了しましたが、茅ヶ崎市のご協力のもと茅ヶ崎市の保育園幼稚園に出張する講座を継続しています。その費用は当会が、皆様からの会費、寄付などから支出しています。

どんな作品を見るの?

各地美術館のご依頼で2012年から開催している「家族鑑賞会」の実績をもとに、年齢ごとの反応をふまえ、様々な観点で話すことができる作品を選びました。

 

美術館所蔵作品の中から、著作権管理者様の使用許諾を得た作品を取り上げています(2020年度16作品)。

 

触っても安心な作品パネルを中心に、作家からお借りした本物の作品を間近に見る機会を提供します。

大人は聞き手、進行役

「作品について思うことに“間違い”ってないから、思ったことをお話してね」。一人一人の発想をみんなが大切に思う気持ちを育みます。

グループで話したり、全体に向けて話すなど、多様なスタイルで進めます。

(新型コロナウィルス対策で、現在は密にならない方法で実施しています)

お絵描きが楽しくなる

多彩な作品を見て感じ、自分の気持ちを話し、解説を聞く、という一連の流れの効果で、お絵描きがより楽しく、表現の幅も広がります。


みるっこ®を一緒にはじめてみませんか?

地域ボランティア募集中!

「我が子が通う保育園・幼稚園や小学校で、読み聞かせみたいに」

「お世話になった園へ、OBママパパで」

「学童で時々」

「保育士・教諭なので、自分のクラスで」

「自治会主催で地域交流に」

「施設・病院で働いているので、入所・入院している方へ」

「喫茶店・レストランを経営しているので、憩いのイベントに」 など

 

地域で「みるっこ」のボランティア活動をしてみたい方は、ぜひ、当会へお問い合わせください。勉強会を開催し、実施の輪を広げます

 

ボランティア参加方法

【みるっこクラブ会員】会員になる → 勉強会無料)に参加 → お近くの地域で実施!当会実施先にご一緒いただくこともできます。(賛助会員:入会金なし  年会費3,000円  /  正会員:入会金5,000円  年会費5,000円) 会員についてはこちら

【会員にならずグループで】保護者などのグループでボランティア実施したい方へ「グループ単位の講習会(有料:額はご相談ください)」があります。人数やボランティア先の年齢や規模に応じて、内容をお作りします。

【学校・園の先生方】先生方が実施されたい場合は「研修会」のご用意があります。「ボランティアを紹介してほしい」「当会スタッフによる1時間版を希望」など、お気軽にご連絡ください。

 

お問い合わせフォームはこちら