鑑賞やワークショップを通じて、心の交流・意思疎通など「親子コミュニケーションの一助」となるよう取り組みます。

美術館で子育て支援!「作品、作家、それぞれの美術館のファンを増やす」事業を行います。

子どもの育ちと芸術について「集合知」を構築し、美術・教育現場など広く社会に活かせる方向を目指します。

■団体概要

NPO法人 赤ちゃんからのアートフレンドシップ協会

設立日  20141216

活動内容 (1)学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動

     (2)子どもの健全育成を図る活動

     (3)社会教育の推進を図る活動

     (4)男女共同参画社会の形成の促進を図る活動

     (5)前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

所在地  〒253-0035 神奈川県茅ヶ崎市浜須賀5-7 関方

     TEL&FAX 0467-86-5533

設立正会員 12名

代表理事  冨田めぐみ(旧姓で活動しています。登記等は現姓:関) 代表理事ごあいさつ

副理事   塩川直美

理事    六島芳朗

理事    熊澤由布子

理事    島田直美

監事    川口徳治朗 

 

■沿革

2003年 「アートケア・ファミリークラブ」設立。3才~小学生のワークショップを実施。

2004年 ワークショップ「赤ちゃんアート®」をスタート。のべ4000組以上のご家族が参加。

2007年 市民団体「アートケアひろば®」設立。ワークショップの実施を継続。

2008年 茅ヶ崎市との協働事業「2歳児子育て教室」開始(現在も実施中)。

2009年 平塚市美術館「赤ちゃんアート」開始(現在も実施中)。

2012年 「乳幼児を対象とした家族鑑賞会」スタート。のべ445組のご家族が参加。

2014年 NPO法人「赤ちゃんからのアートフレンドシップ協会」設立。

 

 ワークショップ・鑑賞会:茅ヶ崎市美術館、平塚市美術館、足利市立美術館、小林古径記念美術館、東京都現代美術館、各地の公民館など多数。

 講座:行政主催の子育て講座、保育士研修、大学でのゲスト講義、実習など。

 

■研究をもとにした活動

10年以上集積した「子どもたちの個々の記録」をもとにテキスト化。足利市立美術館にて「乳幼児ワークショップの実施講座」を行い、受講者と美術館が協力してワークショップを実施。

・平塚市美術館との鑑賞会から、乳幼児の反応と作品の関連について考察し、展示を企画。平塚市美術館にて20152月「赤ちゃんたちのセレクション 春の所蔵品展」開催。

 

■定款

ダウンロード
NPO法人_赤ちゃんからのアートフレンドシップ協会定款.pdf
PDFファイル 244.7 KB

お問い合わせはこちらからお願いします。